田舎のハムスターと都会のハムスター

伝説の?ハムスターキャラクターのDVDを発見!
イソップ童話を演じています♪


ハローキティのくるみ割り人形/コロコロクリリンの田舎のネズミ 都会のネズミ

ハローキティのくるみ割り人形/コロコロクリリンの田舎のネズミ 都会のネズミ

世界の名作童話をサンリオキャラクターが演じるシリーズの中の1本。
サンリオで飼われていたハムスターをモデルにしたキャラクター、コロコロクリリンがイソップ童話の「田舎のネズミ 都会のネズミ」を演じています。

個人的にコロコロクリリンは大好きなキャラクターで、当時買ったひざ掛けなんかはいまだに愛用しているのですが、ちょうど同時期にハム太郎ブームが起きていたせいか、ちょっと影が薄かった印象があります。(ハム太郎の絵本が出たのが1997年、コロコロクリリンが発表されたのが1998年、ハム太郎アニメスタートが2000年とちょうどはさまれているんですね)
最後のほうでは「ハム」になぞらえて「86匹のおともだち!」とハムスターのキャラクターを86匹も出しての商品展開だったのですが…キャラクターデザインの人の苦労が伺えます(^^;

そういえば、ほぼ同時期に商品展開されていた「ポムポムプリン」にも、ハムスターのマフィン・ネズミのスコーンというがいましたが、これもあまり見かけなくなりました。
ごちそう(ポムポムプリン)←これ

サンリオにはこのほかにも多くのキャラクターが登場してきているのですが、やはり人気がなくなるとすぐに消えて行ってしまうようですね(^^;
ちなみにサンリオの公式サイトには歴代キャラクターの年表があります。
「うわっ、懐かしい!」というキャラもあれば「こんなのあったっけ?」と言うキャラも。
そう考えると30年以上人気を保っているキティやマイメロディはすごいんだなぁと思います。




2006年10月07日|TrackBack(0)

この記事へのトラックバック