あの名作にハムスター

昔なつかしの世界名作劇場。
ラスカル・パトラッシュ・ヨーゼフなど、色々な動物が登場してきたシリーズですが、そんな中にハムスターもいたんですね。


南の虹のルーシー

←帽子の上に…!!!

1982年にフジテレビ系で放送された「南の虹のルーシー」は、開拓時代のオーストラリアが舞台のアニメです。

主人公のルーシーは動物が大好きで、動物を見つけると「お持ち帰り」したくなってしまいます。そんなルーシーがオーストラリアの色々な動物と出会ったりするお話です。

さて、この話はルーシーの家族が農場経営を夢見てイギリスからオーストラリアに移住してくるところから始まります。
イギリスから引っ越すときにルーシーが連れてきたもの…それがハムスターのモッシュ

モッシュはいつもルーシーのバスケットの中にいて、一緒に出かけたりします。(ただし、後半は他の動物が増えたせいか、おうちで留守番の事が多いようです^^;)

現在はテレビ版をまとめたDVDの他、「南の虹のルーシー 完結版」という名前の90分にまとめたダイジェスト版も出ているようです。
お正月あたりにゆっくり見てみるのはいかがでしょうか?


ところで今回調べていて驚いたのはオーストラリアの動物事情。

この話の中ではルーシーがハムスターをイギリスから持ち込んでいるのですが、現在はこれは禁止されていることなんだそうですΣ(゚口゚;
オーストラリアではコアラやカンガルーと言った独自の生態系を守るため、犬・猫以外の動物の持ち込みは禁止されているのですね。

…という事は当然ハムスターも禁止
ペットショップでの販売もされていないそうです(これについてはオーストラリアで主婦日記さんの記事で書かれています)。

ハムスターの居ない土地での生活…私には想像もできません_| ̄|○


2006年12月16日|TrackBack(0)

この記事へのトラックバック