パピプペットだった頃の…

↑タイトルの「パピプペット」と言うのは、今も根強い人気のハムスターケージわんぱくハイツ(マルカン製)がまだバンダイから出されていた頃の名前ですね。

当時(1999年頃)バンダイはこの「papipuペット」というブランド名でペット事業にも進出しようとしていたようです。
しかし、反応があまり良くなかったようで結果としてマルカンにパピプペットケージを引き継いで、バンダイはペット業界から撤退しました(^^;
ハム太郎のアニメ放送が2000年からなので、ちょっと時期が早すぎたのかも知れませんね。

この「papipuペット」ブランドはその他のメディアミックス化も狙っていたようで、当時の小学館系子供雑誌には「papipuペット」の名前のついた連載がいくつか掲載されていたようです。

まずはこちら。
PaPiPuペットストリート ペットと暮らそう!
「小学六年生」で連載されていたマンガに記事を追加したものだそうです。
表紙にはこのパピプペットシリーズのキャラクター、ハムスターの「ブルー」が登場しています。

このブルーという名前のハムスターは不思議な力を持っているようで、そのあたりを描いたマンガがこちら。

PaPiPuペットベストフレンドストーリー(1)
←こちらは2巻

ブルーは飼い主の男の子(主人公)がパソコンで「絶滅危機動物ファイル」を見ているときにコードをかじってしまい、そのショックで体の色が青く、額には星のようなマークが浮かび上がってしまうそうですΣ(゚口゚;
…なんだか某猫型ロボットのような…(あ、彼は齧られて青くなったんでしたね・笑)

そんなブルーの特殊能力「体に触れていると、テレパシーで動物の声が聞こえる」というものを使って主人公とブルーが大活躍、ご近所のトラブル解決から果ては悪魔との対決までやってしまう、というとても壮大なストーリーが、なんと2冊の単行本に凝縮されています(笑)

絵を描いているのはポケモンカードなどでもイラストを描かれている姫野かげまるさん。大変かわいらしい絵なので、コレを見るというだけでも手に取る価値はあるかも!?

ちなみにハムスターケージとしてのパピプペットは一般のお店ではほとんど見かけなくなってしまいました(ごくまれにホームセンターやおもちゃ屋さんの片隅でホコリをかぶってたりします)が、ヤフオクなどでは定期的に出品があるようです。

「中古でもかまわない」という方はのぞいてみてはいかがでしょうか?




2006年04月14日|TrackBack(1)

彼らの声が聞こえますか?

昔話「ききみみずきん」の時代から、あるいはそれよりもずっと昔から、人間は「動物と話が出来たらなぁ」という願いを持ってきました。

最近だとバウリンガルミャウリンガルなんていう商品が出ているのがいい例ですね。

それは興味からだったり、よりコミュニケーションをとるためだったりと目的は人それぞれだと思いますが、皆さんも子供の頃1度はそう思ったことがあるんじゃないかと思いますし、ハムスターを飼っている人は現在もそう思うことがあるのではないでしょうか?

今日はそんな人にオススメの1冊です。

動物のことば入門



この本は動物行動学の観点で私たちの身近にいる動物から野生動物にいたるまで、いろいろな動物のしぐさなどが何を訴えているのかと言うのを解説している本です。
「動物行動学」といっても難しい内容ではなく、「毎日の観察」から得られる、よく見られるしぐさ・行動などを分析し、挿絵などを用いてやさしく解説してくれている「動物観察の入門書」のような本です。

この本の中では「ハムスター・モルモット・ハツカネズミのことば」という章があり、その中で「ハムスターと話すには」という項目もあります。
「うちのハムちゃんが何言ってるか気になる…」という方は是非目を通してみてはいかがでしょうか?

ところで、昔話「ききみみずきん」は、確かかぶると鳥の声が聞こえるようになる、という頭巾の話でしたよね。
もしもハムスターの声が聞こえる頭巾があったら…

IMG_000076.png
こんな声が聞こえてきたらへこむなぁ…(笑)
2006年04月10日|TrackBack(0)

ペットのための占い

3月も中旬になり、暖かい日が増えてきました。
これからの暖かくなる季節は新しいハムちゃんを迎えたり、おうちのハムスター夫婦の出産の計画を立てるのにもちょうど良い季節なのではないでしょうか?

そんなわけで、新しくお迎えする子の名前をつけるのにお勧めの本です。



「ススキノの母」と呼ばれる筆者が姓名判断や九星気学を利用して、飼い主とペットがともに幸せになれる名前についてアドバイスをしてくれています。

そしてもう一冊。



こちらは数秘術を利用した命名法ですが、ペットの種類別の命名ポイント・すでについている名前を「プチ改名」して、相性を良くする方法なども掲載されています。
今飼っている子との相性が気になる方にはこちらがおすすめです♪

占いと言えば、プチラテさんでも「ペット占いコーナーをスタートしました。
こちらでは命名・改名に関する「ペット姓名判断」や生年月日を元に性格や運勢・相性を占う「四柱推命占い」での鑑定ができます。

2006年03月11日|TrackBack(1)

…で、結局どこにあるんでしょう

もう結構昔の話になりますが、チーズはどこへ消えた?という本がベストセラーになったときに、バターはどこへ溶けた?という本が後を追うように出版され、「パクリだ」「パクリじゃない」と騒ぎになったことがありました。



このニュース自体は割と有名な話だったと思うのですが、そんな騒ぎの脇で、さらにこんな本が出版されてたのはご存知でしょうか?

ひまわりの種は誰が食べた?



誰が食べたかって…たぶんこの表紙のウサギとハムスターが食べたんだろうなぁ…(笑)

正直、「パクリもここまで来たか」という気持ちになる1冊で、アマゾンの評価もイマイチです(^^;
が、表紙のかわいらしさはシリーズ中で1番だと思います(笑)
昔の本ですから、気になる方は古本屋さんで探してみるのもよいかも知れません(^^;



2006年02月26日|TrackBack(1)

ハムー様登場!

とぽすけさんの描くハムスター夫婦の日常4コマ、だらだら毎日の続編だらだら毎日 爆裂編が発売になりました。



webサイト「だらだら毎日」の中で好評だった4コマに加え、書き下ろしも多数収録されています。作者のとぽすけさんが自宅で飼われているハムスターの話もありますよ♪

Webサイトを見ている人もそうでない人もちょっと「ニヤリ」とできるような面白い本です( ̄ー ̄)
2006年01月28日|TrackBack(0)

ハムスターは不幸?


「ハムスター」から「スーパースター」になる方法―あきらめない、もっと軽々生きられる
ボニー・サンジョン・ディーン/著 堤江実/訳

いわゆる「ビジネス書」「自己啓発書」と言われるタイプの書籍です。
毎日回し車を回し続けるハムスターのようなハードワークの生活から抜け出して幸せに成功するためのアイディアを紹介しています。

この本では「毎日同じことの繰り返し」を「ハムスターの回し車」に例えているのですが、同じような例えの本がもう一冊ありました。

「ハムスターの回り車」から脱出しませんか?―堂々めぐりの人生はもうごめん!
ヨルク・クノーブラウフ/著 ヨハネス・ヒューガー/〔著〕 マルクス・モックラー/〔著〕 ファンゼロー・理香/訳

この本もやはり「単調な毎日から脱出しましょう!」という内容の本です。
成功をつかもうと考えている人にとってはハムスターのような生活は不幸…なんでしょうかね?

どちらの本でも「ずっと回し車を回している」というイメージで描かれているハムスターですが、実際は回りたいときに回し、食べたいときに食べ、眠りたいときに眠るというかなり悠々自適な生活を送っている気がします(笑)
2006年01月23日|TrackBack(0)

だらだらしてみる?

以前の記事で紹介した「だらだら毎日」という本を覚えていますか?

web上で公開されているハムスター夫婦の日常を描いた4コママンガの書籍版なのですが、このだらだら毎日の絵本が出版されました。



以前出版されただらだら毎日と同様、夫婦のよくある(かもしれない)ちょっと笑える日常をハムスターのキャラクターを使って描いています。
webサイトでは、現在も定期的にマンガが更新されています。

来年1月にはだらだら毎日の2冊目も出版される予定だそうで、こちらも楽しみです(^^)
2005年12月27日|TrackBack(0)

届きました♪

先日ご紹介したハムスターの写真絵本。



記事をアップしたあとに本屋さんをあちこち回ったんですが売っているところがなかなかみつからず…結局amazonで購入して、昨日ついに届きましたヽ(´∀`)ノ

表紙のイメージを裏切らない「脱力系ハム写真(笑)」がたっぷりの一冊でした!
ジャンハムちゃんが表紙を飾っていますが、本編ではゴルハムちゃんもたくさん登場しています。
また、写真とそれに添えられた文章が微妙にマッチしていて、仕事から帰ってきてから読んだりするととても癒されそうな気がします。
従来の、ハムスターの可愛さを全面に出している写真集とは違い「癒し」の部分に重点を置いている、ちょっと変わった写真集かな?と思います。
でも本当にオススメです(*^-^*)持っていて損はしないと思いますよ!

ちなみに2月28日まで、ゆるハムさんのポストカードが抽選であたるキャンペーンを実施しているそうです。詳細は本の帯に書いてありますので、ぜひ確認して応募しましょう(^^)
2005年12月24日|TrackBack(0)

ゆるゆる〜(-ω-)な写真集

なんともチカラの抜ける感じのハムスター写真絵本が発売されました。
その名もゆるハムさん



この寝ぼけたハムの表紙を見ただけでなんだか脱力してしまいそうです。
こんな絵本なら一日中眺めていたいかも…(*^-^*)

ちなみにamazonでは、12月19日までに注文するとクリスマスに間に合うように出荷されるそうです。普段頑張ってるあの人に、または自分にプレゼントしてみてはいかがでしょうか?
私は自分にプレゼントしようと思います(笑)
2005年12月17日|TrackBack(0)

みいつけた!

今日は、赤ちゃん向けの絵本です。



「はじめてのあかちゃんあそびえほん」というシリーズのこの本は、主人公のハムスター(かわいい!)がいろんな動物を「みいつけた!」といって探していく内容。

ページに穴が開けてあり、次ページに隠れている動物がちらっと見えているので、「いないいないばあ」の遊びが好きなお子さんにはとても楽しい1冊なのではないかと思います。
本のつくりもコーティング厚紙で製本されているので、やんちゃなお子さんがかじったり投げたりしても傷みづらいかと思います。

実は私も先日、甥っ子へのプレゼント用に買ってしまいました(^^;
今度会うときに渡そうと思っていますが、甥っ子は「いないいないばあ」が大好きなので、どんな反応を見せるか、今から楽しみです。

ちなみにもう一冊、じゃあじゃあびりびりという本を買いました。これはamazonの0歳以上向けの絵本でベストセラーに入っているそうですよ。
2005年11月18日|TrackBack(1)