簡単ハムスター健康診断

ハムスターの健康状態や栄養バランスなどの診断、食生活の改善などをアドバイスしてもらえ、ペットの健康度を客観的にチェックすることができる診断キットを発見しました!




続きを読む


2006年06月15日|TrackBack(0)

まるで乗り物みたい!?

ハムスターのかわいいトイレ

マルカンさんの6月の新商品は、その名の通り、とってもかわいいハムスター用のトイレです。
全体的に丸みのあるフォルムは、よ〜く見るとハムスターの形になっています。
リンク先の写真を見ると、まるでハムスターが乗り物に乗っている様にも見えます。

サイズは115×85×75mmで、はむはむパークミニはむはむキューブハウスといった、小型のハムスター用ケージにも置けるコンパクトなデザインなのも嬉しいですね。

ひんやりとした陶器の肌触りは、これからの季節の暑さ対策にも良いかも知れませんね^^
2006年06月10日|TrackBack(0)

フリスクのように

パッチン!エサケース

手のひらサイズのエサケースです。
まるでフリスクのケースのようなスライド式のケースです。
□カネボウ フリスク ユーカリミント(12個)■23604【特売屋NIJIBEKKAI 】←これはフリスク

スライド式なのに密閉性が高く、乾燥剤入りなので長期間エサの品質を落とさずに保存する事ができます。
しかも乾燥剤はケースにしっかり取り付けられている為、ハムスターのえさと一緒に乾燥剤が出てきた…なんていうこともありません。
(瓶に乾燥剤と餌を一緒に入れて保管しているときによくやるのですが、これって結構邪魔なんですよね…笑)

粒の小さなハムスター用のおやつを入れたり、お出かけするときの携帯用にもいいですね。

2006年06月09日|TrackBack(1)

夏場の必需品!?

夏になると増えてくるのが蚊などの害虫。
ハムスターがいる部屋では殺虫剤は使いたくない…
かといって黙って刺されるのも嫌ですよね(^^;

そんな時にオススメのペット用虫除けです。

わんのはな ハーブで虫よけ君

無農薬・無化学肥料栽培ハーブを使用した人や地球にやさしい虫除けスプレーです。
使われているハーブはレモングラスと同じイネ科の香料植物のシトロネラと爽やかな柑橘系の香りを持つリーチライム。
本来は犬向けで、体に直接スプレーするタイプのものですが、ハムスターの場合ハムスターのケージ周辺にスプレーすると良いかもしれません。もちろん人間にも安心して使うことが出来るので、キャンプや釣りなどアウトドアに出かける方にもオススメです(^^)

ちなみに虫除けというと「ペット向け」をうたっているものもお店で良く見かけますよね。
愛犬用 アースノーマット セット
ちなみに画像は愛犬用のアースノーマットです。かわいい…

こういったペット用の虫除けで多く使われている除虫成分がこの成分は除虫菊の花に含まれる殺虫成分のピレトリンやそれに似た特徴を持つ「ピレスロイド系」と呼ばれているものです。

これらは虫に対して速効性である一方、人間や動物などの温血動物に対しては代謝酵素の働きで体内で速やかに代謝され排出されるため、安全性が高いのが特徴です。

とはいえ、人間が使うときもそうですが「締め切った場所で、至近距離で、何時間も連続で使う」…なんていうのはやはり体に良いとは言えません。
網戸にするなど換気に気をつけて、ハムスターケージからはなるべく離して利用した方が良いでしょうね。
2006年06月06日|TrackBack(0)

とってもトロピカル

ネイチャーネスト





天然のヤシの実の素材や形をそのまま生かした、とてもユニークなハムスターの寝床です。

ヤシの実はそれ自体が消臭・吸収性に優れているので、夏場でも安心して使うことが出来ます。
独特のやわらかい肌触りも魅力的ですね!

IMG_000086_1.jpg

南国の香りたっぷりのヤシの寝床でハムスターが見る夢はやっぱりこんな夢でしょうか!?
2006年05月29日|TrackBack(0)

例えばこんな隠れ家

少し前の話になるのですが、某ペットショップに行った時の事です。
そこでは大き目の水槽にハムスターを入れてハムスターの生体販売をしていたのですが、その水槽に見慣れない岩のようなものが張り付いていました。

それがこちら。

レプタイル デン
レプタイル デン M

元々は爬虫類用のシェルター(隠れ家)のようですが、地中で生活するハムスターの巣穴にも似ているように見えます。
マグネット式で二つに分かれるので、お手入れをする時もやりやすそうです。

私が見たお店ではちょうどガラス板をはさむようにして設置していて、そーっとマグネットをはずすと、中でくつろいでいるハムちゃんの姿が見られてとても可愛かったです(*^-^*)
岩を模したシェルターの肌触りもひんやりとしていて、これからの季節の暑さ対策にもばっちりといった感じです。

ただしマグネットの力が結構強いので、付けたり外したりする際に気をつけていないとガラスとぶつかり「バチン!」と音がしてしまうのが難点。(間にフェルトのようなものをはさめば少し解消されるでしょうか?)

210×125×120mmと結構な大きさもあるので、ワイヤー式のケージを使っている方は設置が難しいと思いますが、衣装ケースや水槽を使っている方にはオススメの、ちょっと変り種のハウスです。
2006年05月18日|TrackBack(1)

君たちいつからハムスター?

古本屋さんをめぐるのが結構趣味だったりします。
今は絶版になってしまった本なども見つけることが出来るのが楽しいですよね♪
そんな中、こんな本を発見しました。

ハムスターの本/宇田川龍男/モンキーブックス/B6

初版が昭和63年(西暦1988年)、平成8年(1996年)に11版目が発行された本です。
昭和63年…まだハムスターを飼うことも考えていなかったころだなぁと思って購入してみました。

ゴールデンハムスターを中心として書かれている本なのですが、最近の飼育書であまり見かけない情報もいろいろ書いてあったりして楽しめる本でしたが、読んでみてとりあえず驚いたのは、キャンベルやロボロフスキーが「キャンベルキヌゲネズミ」「ロボロフスキーキヌゲネズミ」という名前で呼ばれていたこと。ハムスターではなく「ハムスターの仲間」という扱いでした。

ジャンガリアンやロボロフスキーが一般家庭に登場するのはもう少し後の話で、当時は「ハムスターといえばゴールデンハムスター」だったんですね。

そこでふと思い出したのが私の家に初めてジャンガリアンハムスターが来た日のこと。
確か1994年ごろのことなのですが、父と妹がほくほくした顔でペットショップから「見たこともない生き物」を連れてきました。
どう見てもネズミっぽい生き物を見ながら「これ何?」と聞くと、二人から帰ってきた言葉は「ミニハムスターだって!」というものでした。

私の地元のペットショップでは、当時ノーマルカラーのジャンガリアンのことを「ミニハムスター」と名付けて売っていたようです(笑)

これをきっかけに家族全員ですっかりハムスターにはまってしまい、後日私たちは「ニューミニハムスター」と呼ばれるハムスターをお迎えすることになります。

…さて、「ニューミニハムスター」とはなんだと思いますか?





「ニューミニハムスター」の答えはこちらで…
2006年05月08日|TrackBack(1)

やっぱり便利

ゴールデンウィークと言うことで、昨日より実家に帰ってきています。
実家に帰ってくるといきなり雪が降っていてかなり驚きました(^^;

さて、今回の帰省は6日間という比較的長期だったので、我が家のハムちゃんも一緒に実家につれて参りました。

さて、今回の帰省で改めて便利だなぁと感じたのはこちら。

ペパーレット小動物用


巣材として床全面に敷き詰めて出発いたしました。

約1週間近くという長期の帰省ですが、あまり荷物を持つこともできません。
ハムの床材も毎日取り替えるのは正直かなり厳しい作業になるでしょう。

しかし、このペパーレットは汚れたところがすぐに分かるので「おしっこをしたところ」だけを取り除くだけでOK!本当に楽です(^^)

もともと実家でもハムスターを飼っていたため、両親もハムの扱いに慣れているのですがペパーレットは知らなかったようで「これなあに?」と興味津々の様子でした。

余談ですが、実家についてから立ち寄った家電量販店でなんとNintendoDS Liteを発見!さっそく購入してしまいました(^^;



田舎なのでもしかしたら…でもまさかなぁ…と思ってお店をのぞいたら、全色そろって普通に売られていたのでかなり驚きました(^^;
2006年05月04日|TrackBack(0)

国内版もついに出ました

3月の記事で、ペット用ファブリーズについて取り上げたのですが、その続報です。

以前記事にした段階ではペット用は海外向け製品でのみ販売されている状況だったのですが、ついに国内向けの製品も登場したようです!

ファブリーズ ペット用

ファブリーズ ペット用 370ml

ちなみにこちらがP&G U.S.A.で出している製品。
ファブリーズ ファブリックリフレッシュナー (ペット用)800ml

やはり国内版のほうが見慣れているデザインのせいか安心感がある気がします(私だけ?)
ちなみに上記2つのページを見比べてみると海外版のほうには成分内に除菌成分が含まれていないようです。

最近はどこのお店のトイレに入っても「除菌シート」「除菌スプレー」が常設されている所が多かったり、除菌シートを自分で持ち歩く方もいるくらいですが、向こうでは日本ほど「除菌・抗菌」はブームではないのでしょうか(^^;
2006年05月01日|TrackBack(0)

実家への帰省…どうしています?

いよいよゴールデンウィークがやってきますね。
早い方は今週末から連休になる方もいらっしゃるのでは?

連休に入ると実家に帰省する、という方も多いと思いますが、帰省の際ハムちゃんはどうしていますか?

人それぞれで帰省先も帰る手段も、また滞在日数も違うと思いますので一概に「コレが正しい」という方法があるわけではありませんが、できるだけハムちゃんにストレスの少ない手段を取りたいですよね。

例えば知人やペットホテルに預けるというのであれば、普段食べているものや注意点をまとめたメモを渡し、自宅とできるだけ近い環境で預かってもらえるとありがたいですよね。

一緒に連れて行くという方はハムスターキャリーで運ぶ場合が多いのではないかと思いますが、目的地に到着してもキャリー暮らしというのはちょっと可哀想な気もします。
実家にも一つケージを用意しておき、回し車や給水器・巣箱もきちんとセット出来るように出来ると良いですよね。

またアイリスプラザペット用ドームハウスDH-300ペット用ドームハウスDH-500のようにちょっとサイズは大きめですが、回し車・餌箱・給水器がセット出来るようなタイプのキャリーもあるので、こういったものをうまく利用するのも一つの方法ですね。





ハムちゃんも飼い主さんも、素敵なお休みを過ごされますように!!
2006年04月27日|TrackBack(1)